大切にしたい「普段の暮らし」と「穏やかな笑顔」…
〜「いいたてプライド!」〜

新しい令和の時代の幕開けです。「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」そんな意味が込められているそうです。
私たちには、時の変化のなかでも決して変わらない大切な思いがあります。利用者のやすらぎある「普段の暮らし」と「穏やかな笑顔」を守り続けること… 全村が計画的避難区域に指定されても、遠くから通いながらお年寄りたちに寄り添ってまいりました。利用者も私たちも一つ屋根の下で生活を共にする家族です。
これが私たちの使命であり、「いいたてプライド」です。
そして新しい令和の始まりに、あらためて当福祉会の理念を思います。
 ・利用者が主体であること
 ・地域がともに支えあう連帯の輪をひろげること
 ・変動する社会のなかで新たな今日を創造すること
この理念を道しるべに飯舘村の高齢福祉の拠点施設としての「いいたてホーム」の姿を追い求め、利用者の何気ない笑顔、そして全国からの応援の声を力に、心一つにして一歩ずつ確かな歩みを進めてまいりたいと思っています。
最後に、介護職員が不足している状況にあります。是非とも皆様方の温かいお力添えを心よりお待ちしております。よろしくお願いいたします。
 (2019.7)

 いいたてホーム施設長 小川 秀行


新着情報

社会福祉法人いいたて福祉会職員募集

 採用職種:看護職員・介護士・栄養士・介護員
 受付期間:随時
 試験要項:詳しくはこちらをご覧ください。

平成31度会計予算・平成30年度一般会計収支決算書を掲載しました。
平成31年度事業計画・平成30年度事業報告を掲載しました。
社会福祉法人現況報告を掲載しました。
●いいたて福祉会施設概要を更新しました。
●いいたてホームの近況報告を更新しました。
ボランティアの皆さんの活動を更新しました。
飯舘村の震災・原発被災現状を掲載しました。

お気軽にお越しください!

入居に関する詳しい問合せは、いいたて福祉会までご連絡ください。入居前の施設見学は、施設が開いている時間帯ならいつでもできます。お気軽に、職員に声をかけてください。


身体拘束ゼロ! 常にゼロを意識しています

人として各々を尊重し、共に生き生きとした生活を送れる場を提供し、支援していきます。詳しく…


介護サービスに関わる苦情等、お気軽にご相談ください

多くの方の声に耳を傾け、また苦情などについては適切な対応と円滑迅速な解決を目指します。詳しく…


社会福祉法人 いいたて福祉会
〒960-1803 福島県相馬郡飯舘村伊丹沢字伊丹沢571
電話 0244-42-1700 FAX 0244-42-1710
E-mail:iitatehm@iitate-home.jp

メールでのお問合せはこちらです。

社会福祉法人いいたて福祉会では、介護保険における様々な事業を展開し、飯舘村の福祉サービスの一端を担っています。特別養護老人ホームでは7ブロックに分けた“家”(ユニットケア)に取り組むなど、生活感あふれる暖かい家庭を目指しています。

このサイトでは、各事業所のご利用案内や、行事等の情報を提供して参りますのでごゆっくりお楽しみください。

AdobeReaderFlashPlayer

●当サイトの一部の内容を御覧いただくためにはAdobeReader及びFlashPlayerが必要です。お使いのコンピュータにインストールされていない場合は、こちらからダウンロードしてみて下さい。

AdobeReader ダウンロード
FlashPlayer ダウンロード


●当サイトではフレームを使用しています。左側にメニューが表示されていない方はこちらへ。


サイトのご利用にあたって
社会福祉法人いいたて福祉会(以下「当会」という。)が運営提供するホームページ http://www.iitate-home.jp 内に掲載されている文章、画像、表現及び各ファイルの内容等、全てに関する著作権は、原則として当会に帰属します。但し、一部の文章、画像、表現等以外で作成した著作権は、作成した原著作権者に帰属します。 著作権を持つ全ての情報は私的利用のための複製、引用等の著作権法上、使用が認めてられている場合を除いて、許可なく無断で転用、転載及び引用等をすることはできませんのでご注意下さい。 尚、一部情報等を使用したい場合は、担当者にお問い合わせのうえご確認下さい。

当会のホームページへのリンクについて
自由にリンクすることができます。但し、掲載している内容等を予告なく変更又は削除することがありますので、リンクを設定する際はトップページにリンクして頂くようお願いします。

免責事項について
当会に掲載されている情報には万全を期していますが、当会は利用者が当サイトの情報を用いて行なう一切の行為について、何ら責任をおうものではありません。また、いかなる場合でも当会は利用者がアクセスしたために被った損害や損失について、何ら責任を負うものでもありません。