身体拘束ゼロ!に取り組んでいます

人として各々を尊重し、共に生き生きとした生活を過ごせる場を提供し、支援していきたいと考えています。身体拘束は、身体機能の低下や無理な動きによる転倒事故、不安や怒り、屈辱や苦痛、経済的負担等などの弊害をもたらします。そして、結果的に悪循環でより劣悪な環境となりかねません。──いいたてホームは身体拘束ゼロを目指します。

※ただし、ご利用者の生命又は身体を保護するため緊急やむを得ない場合を除きます。


身体拘束とは…

行動を制限したり、自由を奪ったり、閉ざされた中においたりすることなどです。

トップページ